スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
餃子
世間の流れに便乗して、餃子を作ってみた。
餃子 周富徳

味 まぁ○。 具の柔らか加減 ◎。 また食べたいかって言われると×。
な~んか、上手く焼けないなぁ と思っていたら、写真を撮る段階で気づいた。
焼き色つける場所、間違ってるやん!
参考にしたレシピは周 富徳の『周さんの餃子
周さんの餃子周さんの餃子
(1996/12)
周 富徳

商品詳細を見る

タレが必要ないくらいのしっかりしょうゆ味。
・水を入れたからか、具の柔らか加減が絶妙だった。皮と一体化してよい感じ。
・肉汁は出ない。
・ニラ味がきつ過ぎる。

酢醤油に石垣ラー油をたらしたタレで食べようと楽しみに餃子を作ったのに、残念。
お弁当のおかずになりそうなくらいしっかり味だった。
結果、6個で食べ飽きた。
おからで味を薄めてみようかな?
地雷レシピ一直線か。。。

餃子ってなかなかコレという味の配合に出会わないな。
味の素の冷凍餃子の味が好きなんだけど。
食感は良かったので、水と片栗粉を足す技は採用!
周さん、脱税報道以降メディアの露出が無くなったけど、どうしてるのかな。

今後のためにアンの配合、覚書。
***************************
豚ミンチ  200g
白菜  150g
ニラ  100g
しょうが  少々
塩  小さじ1
しょうゆ  大さじ1と1/2
砂糖  小さじ2
ごま油  小さじ2
うまみ調味料  少々
水  大さじ5
片栗粉  大さじ1
スポンサーサイト
スレッドテーマ [ グルメ … 作ってみた ]
02/11 23:19 | 挽き肉 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kuromokokotorf.blog18.fc2.com/tb.php/83-3a01d310
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 クロモコ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。