スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
リバーライト社の極シリーズ ザ・オムレツパン 26cm
今までティファールのフライパンを使っていた。
テフロンの剥がれで、3年に2度は買い替えるサイクルに嫌気がさしたので、長く使えそうなフライパンを探す事にした。

・長持ちの観点から、コーティングされていないフライパン。
・私はフライパンで炒め物をするより焼き物が多いので、底面積が広く厚手の物を。
の2点で候補に挙がったのが、リバーライトの極、ザ・オムレツパンロッジのスキレット

どちらにするか決めかねていたところに、デパートで鍋、フライパン、ケトルの下取りをしている事を知ったので、急いでそごうへ。


テフロン剥げ剥げのティファールが
ティファールフライパン

この金券になって、
鍋、フライパン、ケトルの下取り券

金券が使える最寄のそごうで取り扱いのある、リバーライトのフライパンを購入。
リバーライト社製極シリーズのザ・オムレツパン 24cm

1ヶ月使ってみた結果、

野菜炒めは、炒める音とたんぱく質や調味料を加熱した時の香りが違う。
自家製餃子は12個焼いて、5勝7敗でフライパンにこびりついて皮が破けた。
点天の餃子は上手に焼けた。
ハンバーグは上手に焼けた。味の違いは??この直径では1個150gのを3つ焼くのが丁度良いサイズ。
目玉焼きやオムライスの卵は昭和風味の懐かしい味に仕上がる。

重くて鍋振りが不可。
オムライスの時、卵をごはんで包むのに使うには大きすぎる。


「炒め物あまりしないので鍋振りなんて必要無し。」
とか
「底面積が広い方が餃子やハンバーグを焼きやすい。」
と思って、このフライパンを選んだけど、やっぱり鍋振りが出来ないのは不便。
厚手だとおいしく焼けると言われるけど、味の違いは私には判らず。
基本的に1人前ずつしか作らないので、このサイズは大き過ぎた。

フライパンは極シリーズの普通のフライパンにして、厚手の物はロッジのスキレットにするとオーブンにも入れられて正解だったかなぁ、と反省。
料理の道具選びはなかなか難しい。

とはいえ、せっかく買った良い物なので末永く使っていこうと思う。
とりあえず腕力つけなきゃ!
スポンサーサイト
08/30 15:16 | お気に入り | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kuromokokotorf.blog18.fc2.com/tb.php/408-9731ee2d
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 クロモコ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。