スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
牡蠣のジョン
お店で食べて美味しかったので、台所で再現してみた。
牡蠣のジョンを作った。

Image262.jpg

味、○。食感、卵が硬い△。簡単、○。

参考にしたのは外食で行った韓国料理屋さんのマダムの説明。

タレとしてつけて食べる“餃子のタレ”の味。
・卵がゴムちっくに硬い。
・火の通りがわかり難い。
・ご飯がすすむ。
3つの新発見!

卵が硬いのはナゼ?
1 弱火でジワジワ焼き過ぎた。
2 焼くとき蓋をしなかったから。
3 卵液に何か混ぜるべきだった。


最近、疲れて眠くて、22時台に寝て4時台に起きる生活。
その割には美肌になったとかいう事もないなぁ。
材料
牡蠣  130g(汚れを洗って、水気をふく)
塩・こしょう  適量
薄力粉  適量
卵  1個

餃子のタレ  適量

作り方
1 牡蠣に塩・こしょうをする。薄力粉をまぶす。
2 卵を溶く。
3 テフロンのフライパンを熱し、①の牡蠣を②の卵にくぐらせて両面焼く。卵液が無くなるまで“くぐらせて焼く”を繰り返す。
4 餃子を食べるときの酢醤油とラー油のタレにつけながら食べる。
スポンサーサイト
スレッドテーマ [ グルメ … 作ってみた ]
03/11 05:42 |  | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kuromokokotorf.blog18.fc2.com/tb.php/345-24cfd503
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 クロモコ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。