スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
冷凍パイシートでアップルパイ 門倉多仁亜ver.
最近私が注目している人、門倉多仁亜さん。
先日、きょうの料理で簡単そうなアップルパイを作っていたので、私も挑戦!

冷凍パイシートでアップルパイ 門倉多仁亜ver.

味、○。簡単、○。カロリーが高い、△。

参考にしたのは『きょうの料理』2008年10月21日放送分。

具の存在感がしっかりあるアップルパイ。
・熱々は具の味があっさり(特に甘み)。しっかり冷ますとリンゴの甘み、酸味、レーズンやくるみのの存在感が出てきておいしく感じる。
・包丁でカットする場合、冷ました方がパイが崩れず上手に切れる。
・半分に切ってみるとすが入っていて残念なふじリンゴ使用でもおいしくできた。
・パイ生地を三角にたたむだけで、簡単に立派にアップルパイが出来る。
4つの新発見!

オーブン上段では高さが支えたので下段で焼いたけど、焼き色不足だな。
しっかり冷ましてから食べる方が断然お勧め。
このパイの簡単な形を知ったことが、今回の大収穫。
冷凍庫に居座っていたパイシートをこのパイでやっとこさ処理できたけど、「パイシート買い置きしておこう!」と思うくらい、簡単でおいしかった♪


“物をあまり持たない”というシンプルなライフスタイルと簡単でおいしいおやつのレシピ。
暫く私の中で門倉多仁亜ブームが続きそう。
材料 2つ分
りんご(今回はふじ)  1/2個=200g(いちょう切り)
バター  大さじ1/2=6g
砂糖  大さじ1=10g
レモン汁  大さじ1/2
レーズン  大さじ1=13g
くるみ  大さじ1/2=6g(粗く刻む)
シナモン  6振り
コーンスターチ  小さじ1/4
冷凍パイ生地  10cm×10cm 2枚

溶き卵+牛乳少々  適量

作り方
1 フライパンにバターを溶かしリンゴを軽く炒める。砂糖、レモン汁を加えてしんなりするまで炒める。
2 火を止めて、レーズン、くるみを加え混ぜる。仕上げにコーンスターチを加え混ぜ合わせる。バットにあけて、粗熱をとる。
3 パイ生地の中央に②を1/2量づつ置く。(②の量が多かったのでパイ生地を3cm程麺棒で伸ばした)卵と牛乳を混ぜたものをふちに塗り三角形にたたむ。重なったふちをフォークで軽く押さえてとめる。
4 上面に卵と牛乳を混ぜたものを塗る。破裂しないようにぺティーナイフで切れ目を入れる。
5 200℃のオーブンで10分焼く。180℃に落として5~10分焼く。

全量
エネルギー  520kcal
スポンサーサイト
スレッドテーマ [ グルメ … 作ってみた ]
11/05 12:02 | デザート | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://kuromokokotorf.blog18.fc2.com/tb.php/267-eb65ecd0
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 クロモコ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。