スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
鯖缶とニラの和え物
少し前に『たけしの本当は怖い家庭の医学』の認知症の回を見ていたら、私の食生活は「認知症まっしぐら!」な事が判明。

早速、番組で紹介されていた“認知機能低下を予防する”という鯖とニラの和え物を作ってみた。

鯖缶のニラ和え

味、まぁ○。簡単、○。健康に、◎。

参考にしたのは、たけしの本当は怖い家庭の医学のHP

ごま油風味の塩味。
・ 和えたてが一番私好み。
・ 2食続くと食べ飽きるので、一人で消費するには厳しい量。
・ 魚の骨が苦手な私には、中骨の太い部分が嫌。
3つの新発見!


まずはそのままご飯にのせて

鯖缶のニラ和えonご飯

和えたてをご飯にのせるのが、私は一番好き。

溶き卵に鯖のニラ和えを加えて、チャーハンバージョン

鯖缶のニラ和えチャーハン

鯖の味はほとんど感じない。
ニラと卵のチャーハンだけどたまに骨を噛みしめた歯ざわりが。。。

最後に缶汁や野菜の水分と共に熱湯を注いでスープ

鯖のニラ和えスープ

色はスゴイけど想像する程の生臭さも無い。
好みでしょう油で味を足すと良さそう。


おいしいけど青魚風味って数日続くと飽きる。
認知機能低下予防への道は険しい。
スポンサーサイト
スレッドテーマ [ グルメ … 作ってみた ]
08/05 08:29 |  | CM:4 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 クロモコ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。