スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
いなり寿司 石黒智子 ver.
私が最近読んだ、台所関係の本に良く出てくる石黒智子さん。
細木数子ばりの“ズバリ”口調な文面がとっても気になる。

天邪鬼な私は何かケチをつけてみたくなり、試しにいなり寿司を作ってみた。

いなり寿司 石黒智子

味、○。油揚げにご飯を詰めやすい、◎。食べやすい形状、○

参考にしたのは石黒智子の『わたしのレシピノート』。

わたしのレシピノート ―春・夏・秋・冬 季節の定番料理と道具の話―わたしのレシピノート ―春・夏・秋・冬 季節の定番料理と道具の話―
(2008/06/28)
石黒 智子

商品詳細を見る


下記レシピに対して、油あげは2枚、調味料1/4。寿司飯1/4(半量に白胡麻プラス)で作った。
・ 油あげを煮る時、おとし蓋をする暇もなく煮詰まった。
・ 寿司飯が詰めやすい。
・ どこを食べてもご飯と油揚げのバランスが一緒で良い!
・ 白胡麻入りの方が好き。
4つの新発見!

前回作った“ためしてガッテン”のレシピと比べると、今回は2割ほど薄味。
でも、油あげはしっかり味がするし、甘味を加えない寿司飯も酸味がきつ過ぎずでおいしかった。
寿司飯を包んだ油揚げが2重になる部分が多いので(寿司飯が少なめなので)、飲み物無しでも喉につかえない。

“ズバリ”口調な文面に納得!


昨日早く寝たので、今日は4時前に目が覚めた。
送別会終了までもつかな。。。
スポンサーサイト
スレッドテーマ [ グルメ … 作ってみた ]
02/27 12:17 | 穀類 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 クロモコ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。